サプリメントを飲むタイミング

サプリメントは不足しがちな栄養素を補う目的で使用されます。

医薬品ではなく食品に分類されていますので、飲むタイミングや時間が表示されていません。

しかしサプリメントの成分によって効果が期待できるタイミングが違います。

ビタミンA、D、Kは脂溶性ビタミンと言われ、脂に素早く溶け体内に蓄積されやすく、排出され難いと言う性質を持っています。

食事中や食後直ちに飲むのが良いとされていて、脂分を含む食べ物と一緒に摂ると吸収率が高くなります。

ビタミンB群、C、Eは、余分な分は数時間〜1日ほどで、体の外に出てしまいますので、一度に飲むのではなく、2〜3回に分けて食後に摂るのが効果的です。

これらのサプリメントは水に溶けやすく、水溶性ビタミンと言われています。

空腹時が良いとされているのはアミノ酸です。

食事中に摂ると、食品に含まれるタンパク質の吸収が先に行われますので、サプリメントからのアミノ酸の吸収率が低下してしまいます。

食後2〜3時間後や食前か空腹時が適しています。

運動する場合は、運動前でも運動後でも30分以内に摂ると効果的です。

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルはアルカリ性ですので、食後すぐに飲むと胃酸を中和してしまい、消化不良の原因にも成り兼ねません。

食後2〜3時間は摂らない方が無難で、食前に飲むのが良いとされています。

また体内のマグネシウムの濃度は、早朝や午後3〜5時頃に低下しますので、朝食前や昼過ぎに飲むのがいいでしょう。

↑ ページの上部へ