サプリメントは食品です

サプリメントは普段の食事から補いきれない体に不足している栄養素を補うためのものです。

基本的には食事をしっかりと食べることが大切で体に必要な栄養素も毎日の食品から摂ることが望ましいです。

体本来の消化機能を使ってこそサプリメントの効果もでやすいのです。

バランスの良い食事を心がけていてもどうしても十分に摂取するのは難しい場合もあります。

こうした中で不足しがちな栄養素を摂ることで、偏っている栄養素を調整できます。

サプリメントを摂ってるのに効果がわからずに長続きしなかったという人もいますが、薬とは違い食品ですので素早く症状を改善したりするものではなく、体がもっている機能を超えた効果を及ぼすものではないのです。

断続的に続けることで不足していた栄養素が体をつくっている細胞までいきわたり、体の不調が改善したり免疫力があがって病気の予防につながったりします。

すくなくても3か月は続けた方が良いでしょう。

サプリメントを始めるだけでなく食生活やその他の生活を見直し少しずつ改善していくことも大切です。

例えば食生活が暴飲暴食になっていたり、栄養が偏りすぎたままだといくら高品質のサプリメントを飲んでいても効果が期待できにくくなります。

サプリメントを選ぶ際には自分には何の栄養素が不足しているのか確認してみましょう。

はっきりとわからなければ最初はマルチビタミンやマルチミネラルなどで栄養のバランスを補うのもよいかもしれません。

↑ ページの上部へ