セックス頻度が最も多い国は?

突然ですが、みなさんはセックスをしてますか?

すみません。パートナーがいる人限定の質問だと言うことを忘れていました。

パートナーがいないのにセックスをしているというのは、あまり喜ばしいものではありませんね。

愛していない人との行為は、分泌される物質が全然違います。

というわけで、またまた突然ですが、先進国のセックスランキングを作ってみました。

どこの国が一番セックスをしているのでしょうか。

年間セックス回数ランキング

  • 第一位 ギリシャ (138回)
  • 第二位 クロアチア (134回)
  • 第三位 セルビア・モンテネグロ(128回)
  • 第四位 ブルガリア(127回)
  • 第六位 チェコ(120回)
  • 第六位 フランス(120回)
  • 第七位 イギリス(118回)
  • 第八位 オランダ(115回)
  • 第九位 ポーランド(45回)
  • 41位 日本(45回)

ご覧の通り、日本のセックス回数は致命的です。

もちろん、セックスしない=性病のリスクが低減しているというメリットもありますが、これは日本の離婚率の高さに繋がっていないとは言えないでしょう。

では逆に、セックス回数が多い、すなわち、セックス頻度が高いギリシャの離婚率はどうなのでしょうか。

ギリシャの離婚率は、世界一良いというわけではありませんでしたが、かなり少ない呆だということが分かりました。

このようにセックスレスの割合が高い日本人は、将来的には更に増えることが懸念されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です